南九州病院について

外科

診療内容・特色

外科では、食道・胃・小腸・大腸・肝臓・膵臓・胆嚢・胆管といった消化器全般と、甲状腺・乳腺といった内分泌を含めて診療しています。診療内容は、内視鏡検査・透視検査・超音波検査といった診断から、手術・化学療法といった治療まで、広い範囲で行っています。手術に関しては、良性疾患や早期の悪性疾患に対し多種の腹腔鏡下手術を行っているとともに、鹿児島大学腫瘍制御学教室と連携し見張りリンパ節を取り入れた新しい手術法も導入し、少しでも低侵襲な・身体に 優しい手術を目指して行っております。さらに、進行していたり・再発してきた悪性疾患に対しては、抗癌剤を中心とした治療も積極的に行っております。“何 か、してあげられないか”をモットーに診療に取り組んでおりますので、お気軽にご相談いただければと思います。

南九州病院 胃癌手術症例 (2002-2012年 181例)
南九州病院 大腸癌手術症例	(2002-2012年 248例 )

医師プロフィール

医師(非常勤) 内倉 敬一郎

専門分野 消化器外科
資格等 医学博士
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医・暫定教育医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る