南九州病院について

呼吸器外科

診療内容・特色

専門領域は肺癌に対する外科治療およびその他の疾患(縦隔腫瘍、結核性病変、気胸など)の外科治療。

肺癌に対する標準手術(肺葉切除術、リンパ節郭清)を中心に行っているが、症例の約60%は低侵襲な胸腔鏡補助下肺葉切除術、リンパ節郭清(約5~7cmの創1カ所で手術)を施行している。

その他、肺癌に対する拡大手術(胸壁合併切除、大血管合併切除など)、気管支形成術、血管形成術なども積極的に施行している。

肺癌等による気道狭窄病変に対する内視鏡的治療(気管支鏡下治療)も積極的に施行している。特に、マイクロ波凝固装置、アルゴンプラズマ凝固装置を用いた内視鏡的治療は短時間での治療が可能であり、多くの症例は咽頭、気管内麻酔下のみで施行している。その他、内視鏡下のバルーン拡張術、ステント治療も施行可能である。

医師プロフィール

院長 廣津 泰寛

専門分野 呼吸器外科一般
肺癌
結核外科
肺病理
資格等 医学博士
呼吸器外科専門医
気管支鏡専門医・指導医
日本胸部外科学会認定医
麻酔標榜医
死体解剖資格

部長 久保田 伊知郎

専門分野 呼吸器外科一般
胸腔鏡下手術
資格等 医学博士
呼吸器外科専門医
日本外科学会外科専門医
気管支鏡専門医・指導医
日本胸部外科学会認定医
麻酔標榜医
肺がんCT検診認定医
がん治療認定医
がん治療暫定教育医

医長 吉本 健太郎

専門分野 呼吸器外科
資格等 医学博士
日本外科学会外科専門医・指導医
吸器外科専門医
気管支鏡専門医
日本呼吸器外科学会評議員

医師 古賀 教将

専門分野 呼吸器外科一般

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る