南九州病院について

麻酔科

診療内容・特色

平成16年度より日本麻酔学会認定病院となった。当病院の手術は一般外科及び呼吸器外科が主体で、約350症 例ほぼ全ての手術のカバーを行っている。最近の手術の傾向として、小切開で行う胸腔鏡視ないし腹腔鏡を用いた手術が増加している。麻酔法は吸入麻酔薬ないし静脈麻酔薬に、術後疼痛緩和に使用可能な硬膜外麻酔を併用している。安全な術中管理を図るために、手術中の麻酔モニターとして、麻酔深度モニター、麻酔ガス呼気ガスモニターを使用し、また心機能の低下している症例では経食道心エコー等を導入している。

医師プロフィール

医長 川村 和徳

専門分野 臨床麻酔
資格等 医学博士
日本麻酔科学会専門医
麻酔科標榜医

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る