地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院に指定されました!

当院は平成20年2月8日付けで姶良・伊佐保健医療圏の地域がん診療連携拠点病院に指定されました。

がん診療連携拠点病院は、我が国に多いがん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)についての、日常生活圏域における質の高いがん医療提供体制の確保を目的に、地域におけるがん診療の中核施設として、都道府県の推薦により国が指定する病院とされています。平成20年3月現在全国で都道府県がん診療連携拠点病院が47施設、地域がん診療連携拠点病院が351施設指定されています。

鹿児島県では、県がん診療連携拠点病院として鹿児島大学病院が指定され、2次医療圏毎の地域がん診療連携拠点病院として鹿児島医療センター、県立大島病院、県立薩南病院、済生会川内病院、県民健康プラザ鹿屋医療センター及び当院が指定されています。

「地域がん診療連携拠点病院の業務について」(抜粋)

1.地域の医療機関への診療支援や病病・病診連携の体制整備

地域の医療機関からの紹介患者の受け入れ、及び患者の状態に適した地域の医療機関への逆紹介を行う。
地域がん診療連携拠点病院内外の医師が相互に症例相談・診断依頼等を行う連携体制を整備する。
地域の医療機関の求めに応じて、がん患者に対する共同診療計画(地域連携クリティカルパス)の作成等に関する支援を行う。

2.緩和医療の提供

医師、看護師、医療心理に携わる者等を含めたチームによる緩和医療の提供体制を整備し、かかりつけ医との共同診療を行う体制を整え、早い段階から緩和医療の導入に努める。

3.研修体制

地域の医療機関を対象とした、早期診断、緩和医療等に関する研修の実施。
地域がん診療連携拠点病院内外の講師による公開カンファレンスの定期開催。

4.がん相談支援センターの設置

地域がん診療連携拠点病院内外の医療従事者の協力を得て、当該拠点病院内外の患者、家族及び地域の医療機関からの相談等に対応する体制を整備する。

5.標準登録様式に基づく院内がん登録を実施する。

国のがん施策や医療向上に資する地域がん登録の推進のため、院内がん登録の整備をする。

「がん診療連携拠点病院院内がん登録全国集計」提出したデータを参照いただけます。

がん相談支援センター

患者様、ご家族様、地域の皆様の『がん』に関する相談をお受けいたします。
専任の医療ソーシャルワーカー・看護師がお話しを伺い、問題解決のお手伝いをさせていただきます。
どうぞお気軽にご相談ください。

相談日 月曜日~金曜日(祝日を除く)
受付時間 9:00~17:00
対象者 当院の患者様、ご家族様に限らず、どなたからの相談でもお受けいたします。
場所 医療・福祉相談支援センター(当院1階、地域医療連携室内)
相談料 無料
連絡先 0995-62-3677(直通)
0995-62-2121(代表)

※がんに関する情報は、国立がんセンターがん情報サービスでご覧頂けます。
国立がんセンターがん対策情報センターがん情報サービス

緩和ケアチームのご案内

悪性腫瘍による痛みやその他のいろいろな症状に苦しむ患者様やご家族に対し、それらの症状を緩和できるように支援を行なっていく専門家チームです。

  • 疼痛などの諸症状への対応
  • 心身両面のサポート
  • ご家族のサポート
  • 療養先についての情報提供と連携
  • その他

緩和ケアチームによるケアをご希望の患者様・ご家族の方は主治医や病棟看護師にご相談ください。

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る