医療関係者向け

栄養管理室

栄養管理室の紹介

近年、医療の中でも栄養管理の重要性が益々認識され、患者様個々に入院時栄養スクリーニング・栄養アセスメント等を行い、専門性を生かしたチーム医療で適正な栄養療法を行うようになりました。
栄養管理室では、診療及び治療を栄養面から支えるため「栄養管理計画」「栄養サポート」を担うと共に、患者さまに「美味しく楽しみのある食事」を提供することを理念として業務を行っています。 また、NSTの活動を中心としてチーム医療による栄養スクリーニング・栄養アセスメント・栄養管理計画・栄養療法介入等の栄養管理に取り組んでいます。
生活習慣病をはじめとする病気の原因には、日頃の食生活が大きくかかわっています。また、病状により食べ易い食事・食べ難い食事は患者様一人ひとりで異なりますから、栄養食事指導や栄養食事相談の充実を図るよう取り組んでいるところです。

食事について

季節の食材を生かした「行事食」「特別献立」をメッセージカードとともに提供しています。他にも毎週4日間朝食と夕食について「選べる食事」を提供するなど「食べる楽しみ」に十分配慮しております。
小児科バイキング料理

栄養食事指導・栄養食事相談について

生活習慣病治療のための正しい食生活を身に付けていただくため、管理栄養士は栄養食事指導・栄養教室を行っています。栄養食事相談では、日常の「食」に関する疑問等にお答えし、適切な食生活のサポートを行っています。入院患者様・外来患者様・ご家族の皆様で食事の疑問等ございましたら、担当の管理栄養士に御相談下さい。
栄養相談風景

栄養管理室スタッフ

  • 管理栄養士5名
  • 調理師10名
  • 非常勤調理補助員10名

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る