医療関係者向け

認定看護師

看護部

  • 病棟・中材・手術室・外来紹介
  • 緩和ケア棟
  • 委員会紹介ファイル
  • 看護研究ファイル
  • クリティカルパス
  • 専門看護師・認定看護師

がん化学療法看護認定看護師 諸留 えりか

 当院では消化器外科、呼吸器内科のがん疾患に対して化学療法を行っています。毎週水曜日を活動日としており、患者さま・ご家族への看護の質向上を図ることを目的に取り組んでいます。投与管理・副作用対策におけるスタッフ指導、相談、看護実践を病棟ラウンドを通して積極的に行なっています。患者さま、ご家族への治療の意思決定支援、副作用への対応では、患者家族サロン室・ベッドサイド・外来診療時での個別対応を行い、外来・入院での治療においても継続した関わりをしています。化学療法が安全に実践できるよう薬剤の情報提供、学習会の企画・運営に取り組んでいきたいです。今後化学療法看護の院内のリンクナース育成を行い、院内の化学療法への実践力向上につなげたいと考えています。

がん化学療法看護認定看護師 岡山 佳奈子

 がん化学療法看護認定看護師は、がん化学療法薬の安全な取扱いと適切な投与管理、副作用のマネジメントを行い、専門的な知識・技術や経験を活かした看護実践を行います。また、化学療法中におこる副作用を患者さまご自身でセルフケアを行いながら乗り越えていけるようサポートする役割をもっています。毎週1回活動日を通して、抗がん剤による副作用が少しでも軽減し、繰り返していかなければならない治療が計画通りスムーズに行われるよう副作用対策への支援をしています。認定活動を通して看護師のがん化学療法に関する知識と実践力を高め、がん化学療法を受ける患者さま・ご家族が安心して当院で治療を継続できるように努めていきたいと思います。

がん性疼痛認定看護師 山之内 夕子

 緩和ケア棟に所属し、週に1回緩和ケアチームの一員として活動しています。医師、緩和ケア認定看護師、薬剤師、臨床心理士らと一緒に、がんによって生じる痛みを緩和するための専門的な知識と技術を用い病棟スタッフを支援し、患者さま・ご家族のQOLの向上するよう取り組んでいます。痛みがあることで治療にがんばれない、毎日の生活の中で当たり前にできていたことができなくてつらいなど、痛みは身体や心に大きな苦痛をもたらします。痛みが和らぐとことで治療がよりよく進んでいくように、また、根治治療が困難であっても痛みによって起こる身体や心の苦痛が緩和され、望む生活が過ごせるように看護の面からサポートするよう努めています。
また、緩和ケアに関する研修や勉強会の企画や講義などを行い、院外・院内の医療職の学習の支援をしています。

感染管理認定看護師 古市 由香

 感染管理認定看護師とは、感染の危険に備えて患者様やご家族、職員、地域住民の安全性を維持できるように援助する役割をもった看護師です。
当院には感染管理組織として院内感染防止対策委員会(ICC)、感染対策チーム(ICT)、看護部感染監視委員会(リンクナース)があり、感染管理認定看護師はそのすべてに属し、病院で過ごされる患者さまはもちろん、患者さまを支えるご家族や病院職員、委託業者など病院内のすべての人々を医療関連感染から守り、感染を拡大しないように組織横断的に活動しています。
患者様が安心して治療に専念できるために、最新の情報提供や技術指導、病院内外の感染の予防、感染発生状況の監視、マニュアルの作成・改訂などを行い、自施設に合った感染管理プログラムを立案・実施しています。
患者さまが安心して治療に専念できる安全な療養環境の提供を目指し、職員の感染管理の技術・知識の向上に努めています。

緩和ケア認定看護師 上村 直美

 がんと診断された時から、抗がん剤治療中、治療が難しくなった時期にある患者さま、ご家族のがんに伴う身体的なつらさ(痛み、息苦しさ、腹部膨満感、だるさ、不眠、食欲不振など)や心のつらさなどを全人的な視点で緩和し、患者さま、ご家族が自分らしく生活することができるように、応援させていただきます。
患者さま、ご家族が望む場(病院、自宅など)で療養することができるように、多職種、地域と連携を図り、切れ目のない緩和ケアの提供を目指しています。
現在、緩和ケアチーム専従看護師として毎日病棟をラウンドし、入院・通院治療中のがん患者さまの身体的苦痛の緩和や精神的支援、気がかりについての相談、ご家族への支援を行っています。また緩和ケア外来(2回/週)に同席し、在宅療養中のがん患者さま、ご家族の相談に応じています。さらに院内スタッフの相談や指導、院内外の医療従事者を対象とした学習会の開催などを行い、緩和ケアの普及に努めています。

緩和ケア認定看護師 上原美紀

 がん患者様の多くは、病状の進行に伴って生じる息苦しさや痛み、抗がん剤の副作用である吐気や倦怠感など様々な身体的苦痛と、病気に対する不安など精神的苦痛を抱えながら入院生活を過ごされています。私は日々、患者様にとって今一番、苦痛と感じておられることは何かを素早く情報を得るように努めています。そして、時期を逃さず疼痛や呼吸困難など苦痛に対するアセスメントを行い、症状緩和に繋がるよう医師や病棟スタッフ、多職種へ働きかけています。常に、患者様・ご家族の気持ちに寄り添いながら、つらい状況にあっても希望をもって過ごせるように支援したいと考えています。また、院内外の医療従事者を対象に緩和ケアに関する研修を実施しながら、緩和ケアの普及に努めていきたいと考えています。

緩和ケア認定看護師 久保邦子

 私は以前呼吸器内科病棟に所属していましたが、がんに伴う体や心のつらさで苦しむ患者さまやご家族に対して知識不足から十分な緩和ケアが提供できずジレンマを感じていました。そのため専門的な知識と技術を修得し、患者さまやご家族の苦痛が緩和できるよう力になりたいと考え緩和ケア認定看護師の資格を取得しました。現在は緩和ケア棟に所属し、患者さまやご家族の意思を尊重しながら、その人らしく生活することができるよう病棟スタッフや他職種と一緒に支援しています。今後も個々のニーズに合わせた良質なケアが提供できるように、また緩和ケアの普及に貢献できるように日々研鑽を重ねていきたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師 図師 香奈子

 ストーマ(人工肛門や人工膀胱)の造設や、フットケア、褥瘡、失禁に伴って生じる問題のアセスメント及び、適切な皮膚ケアや排泄管理・指導を行います。活動内容は、褥瘡・ストーマ・失禁・PEGケア、ろう孔処置を含め、週1回病棟ラウンドを行い、病棟スタッフと協力し処置やケアを行っています。この他に他職種と共に月1回の褥瘡ラウンドを実施しています。又、ストーマ外来を通して、患者・家族ケアの相談に応じています。今後も、他職種と協力し、患者にあったケアを提供しQOLを高めていきたいと考えています。

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る