医療関係者向け

実習指導者研究会

目的

実習指導者の資質の向上を図るとともに、院内の指導体制の整備を図る。

活動内容

  1. 実習指導に関する学習
  2. 実習指導マニュアル及び実習指導計画の作成、評価
  3. 実習指導に関する研究

実習指導者研究会 平成20年度計画

目的

指導者としての役割を理解し、実習指導者としての指導能力を向上させる。

目標

  1. 基礎Ⅱの実習指導案の見直しと修正を行うことができる。
  2. 各病棟で習得できる看護技術の項目と内容を明確にし、一覧にする。
  3. 実習場面での指導方法を検討し、効果的な指導方法を身につける。
平成20年度実習指導者研究会年間計画
内 容 方 法
4月 1.本年度の計画について
2.実習指導者としての役割とは
説明
講義
5月 1.看護技術の一覧表作成(方法)について 説明
質疑応答
6月 1.「看護過程の展開」において臨床の指導の視点 講義
7月 1.指導案作成:基礎Ⅱについて見直し・検討 グループワーク
8月    
9月 1.各病棟の技術一覧表作成
2.看護技術指導についての意見交換
グループワーク
10月 1.基礎Ⅱ指導案評価 グループワーク
11月 1.指導方法の検討(プロセスレコード検討) ロールプレイング
12月 1.看護技術指導について グループワーク
1月 1.看護技術指導について グループワーク
2月 1.実習指導者研修の伝達 講義
質疑応答
3月 1.平成20年度実習指導者会議、研究会の評価・反省 全体討議

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る