職員募集詳細

鹿児島の地で、地域医療を担ってくださる、やる気のある医師を望む!

最近、鹿児島県の医師不足は、県全体としても深刻さを増してきています。

特に大学からの定期的な派遣医師に頼ってきた国立病院機構、県立、市立などの公的病院では、ここ数年の新しい研修医制度に伴う影響は深刻であり、今後の見通しも立てられない状況にあります。

病院の発展を考えるとき、「地の利、人の和、天の時」が重要だといわれます。

私たちの南九州病院は鹿児島県のほぼ真ん中に位置し、また高速道路のインターチェンジに近く、九州自動車道と西九州自動車道の起点に もなっています。鹿児島空港には車で20分で行けますし、鹿児島で唯一人口の増加している姶良、霧島市の中央に位置していることを考えると、「地の利」は 備えているといえます。鹿児島市までも、車で30分の距離(約20キロ)です。

「人の和」については、自ら述べることははばかりがありますが、全国規模での患者満足度調査で、平成17年度が日本一位、18年度が 四位になっています。平成18年に取得した日本医療機能評価機構の受審と併せて、病院の院是でもあります「病む人に学ぶ」気持ちで、地域と患者さんに信頼 される病院を目指しています。

「天の時」についていうならば、筋ジス、重心、結核、緩和など本来国が担うべき政策的医療と、小児救急などを含む一般医療がうまくミックスした病院として、「天の時」も勝ち得ていると思っています。

ところが、ここに大きな「落とし穴」がありました。いわゆる新しい研修医制度です。冒頭にも書きましたように、地方の多くの公的病院 は、現在の新しい研修医養成システムにうまく対応し切れていません。当院もその例外ではなく、鹿児島大学と国立病院機構鹿児島医療センターからの(前期、 後期)研修医の受け入れを協力病院として行っていますが、自前では養成できるシステムはありません。今後は機構としても(もちろん現状でも大都市の国立病 院機構の病院ではきちんとなされていますが)、また当院でも今後、研修医を養成できるシステムを作り上げていく必要を強く感じています。

そこで、全国の医師の先生方にお願いがあります。

地域医療、一般医療、政策医療を鹿児島のこの私たちの病院で、一緒にやってくださる医師はいないものでしょうか。診療科は小児科、放 射線科、内科(消化器、循環器、神経)などです。特に、鹿児島県のご出身で、現在全国各地で活躍されている医師のなかで、故郷の窮状に手をさしのべてくだ さる医師はいないものかと、はかない期待とともに大きな歓迎の気持ちで、この「お願い」を書かせてもらいました。

ご連絡をお待ちしております。

■お問い合わせ先
〒899-5293 鹿児島県姶良市加治木町木田1882
電話  (0995)62-2121  内線204
管理課  管理課長

院長雑感

交通アクセス

トップへ戻る